Contents

2018/6/10 blog up

 

世界報道写真展2018

 

こんにちは。

今回は、現在恵比寿で開催されている

写真展についてご紹介したいと思います。

世界報道写真展2018

世界中の約100会場で開催される世界最大規模の

写真展である「世界報道写真展」が、

今年も東京都写真美術館で行われます。

125の国と地域から約5000人のフォトグラファー

が参加し、約75000点の応募写真の中から、

対象などを含め受賞作品が展示されています。

今年は「現代社会の問題」「長期取材」

「自然」「スポーツ」「環境」

などの計8部門において、42人の全受賞者と

6点の対象候補作が決定。

中には、イスラム過激派からの誘拐から逃げ出し、

自爆用爆弾から逃れた少女たちの写真など

非常に貴重でバイオレンスな作品等も並んでいます。

平穏な日常を過ごしている私たちに対して、

幼い少女らが今、この瞬間も危険に晒されている

ということを一枚の写真によってひしひしと感じさせられます。

まさに瞬間を切り取る「写真」というものの

素晴らしさ、面白さをを改めて実感しました。

なにより、5000枚もの写真の中から選ばれた

選りすぐりの一枚一枚は、やはりどれ

も我々の心をつき動かすような写真であり、

色々な感情をあたえてくれます。

8月5日までの長期開催となっておりますので、

気になられた方は是非ご覧になって見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

roma     倉本 康平