Contents

2016/2/12 blog up

 

http://romahair.blogspot.jp/2016/02/birdman.html

 

BIRDMAN

 

こんにちは、今回は映画の紹介です。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「BIRDMAN」です。

新しい映画なので御覧になった方も多いかと思いますが、まだ観てない

方に向けておすすめしたいと思い紹介させていただきます。

あらすじは「バードマン」というヒーローものを演じて成功したのち、

60歳で俳優としての評価を取り戻そうとブロードウェイのシリアスな

舞台芝居に挑戦するというお話です。演目は村上春樹も翻訳している

レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語る事」を

戯曲化したものです。

image2

image1

image5

image3

image4

特筆すべきは、ほとんどのシーンが1カットで撮影されている事です。

長いセリフに加えて計算されたカメラワークと繊細に配置された役者の

立ち位置やポーズなど様々な要素を組み合わせた超絶技巧のようです。

BGMが一つのドラムの音だけで構成されていて、シーンの中にも

ドラマー自身が登場するのですが、ストリートでドラムを叩いていた男

が別のシーンでは何故か劇場の給湯室でドラムを叩いていたり、主人公

の男が何故か超能力が使えたり等々、虚構と現実が溶け合った展開で

進んでいきます。主人公が精神を患い妄想と現実が並列に見えている

状況をより自然に表現するために1カットの手法で撮影が行われたようです。

そしてこの映画に出演している役者達も過去に実際ヒーローもの映画に出演

しているという事実もおもしろいところです。DVD出てますので機会が

ありましたら是非御覧ください。

 

 

 

 

insta

 

 

 

 

facebook

 

 

 

 

roma     道又 貴之